旭区の家 詳細調査をしました【詳細調査】

大阪市旭区で古民家の詳細調査を行いました。住宅医協会の提唱する既存住宅ドックです。

築90年の邸宅で、立派な部材が使われとても丁寧に建てられた建物です。

住まい手も代々大切に暮らされており、今後も永く住まえるように改修する予定です。

 

 

床下の調査の様子です。今回は床が高いので比較的調査がしやすい環境でした。

基礎のひび割れや構造材の劣化がないか調査します。

 

 

地盤調査、小屋裏調査、建物傾斜等の状況調査に加え、住宅で特に重要な6つの性能(劣化対策、耐震性、断熱性、省エネルギー性、バリアフリー性、火災時の安全性)を調査します。

 

今回の調査は建物の性能を向上させる改修の元となる診断のために行いました。人に例えると人間ドックのようなものです。

調査結果については複数の住宅医や参加者で検討会を開き、報告書をまとめました。

 

先日、住まい手に建物の状況を報告し、改修プランを提案させていただきました。

このような貴重な建物の改修に関わることができて光栄です。

 

服部