WASH建築設計室

本物の材料、特に無垢の木材を使うことにこだわりを持って住宅を造っています。

無垢材は見た目に美しく、香り・手触りの柔らかさから落ち着いた居心地のいい生活空間を生み出します。材種による無垢材の特性を見極め、用途や強度、意匠の観点から材料を提案します。 

 

住んでいる家が将来、古民家と呼ばれるまで住み継がれて欲しい。

そのためにまず快適で耐久性のある住宅になるよう理論的に設計をしています。

そして将来の住まい手まで届くよう、豊かな場所になる建物を目指します。

 

 

今ある建物を改修して住もう。

古い既存住宅も性能を向上させて快適・安全に暮らすことができます。

歴史が刻まれた構造体や独特のモジュールなど、新築では得難い魅力もあります。

 

日本の気候風土に合わせた国産材を使った新築住宅を建てよう。

世界に一つしかないこだわりの住まいを提案できます。

いつか古民家となるような、魅力的で丈夫な住まいをつくりましょう。

 

 

住まいの治療をする前には調査診断が欠かせません。

一般社団法人住宅医協会の”既存住宅ドック”をベースとした詳細調査から耐震診断まで多岐にわたる調査をしています。住宅以外にも木造旅館や木造店舗の調査依頼もあります。

 

 

私たちは住まい手が林山地から直接木材を購入できるサポートをします。

直接から林山地から購入することで、適正価格で出どころが確かな木材を手に入れることができます。また、他にも全国の素晴らしい木材を使えるよう私たちが木材の販売もしています。

 

 

私たちの設計する住まいは地場の食材を使ったオーガニックの食事と似ています。

事務所の一角をカフェにして自然素材を使いできるだけ体に優しい料理と、焙煎したてのコーヒーを提供しています。

また、地域の方々による日替わりキッチンとしても場所を提供しています。

 

 

地域に根差した設計事務所をめざしてカフェスペースでイベントも招致しています。

建築を造ることは場所をつくることに通じます。

コーヒー講座や映画鑑賞会など様々なイベントで人と人が出会います。

 

 

www.wash-arch.com Blog Feed

柏原市 耐震補助金の中間検査【設計業務】
あまり関係ないですが、この日は午前中に三田で打合せがありました。それが終わってから、一旦吹田市の事務所に戻って急いで柏原市の現場に向かいます。なかなかのハードスケジュールです。   柏原市の現場の様子です。柱の頭と足元、いわゆる柱脚柱頭に補強金物が取りついています。 耐力壁で壁を補強しても、壁を支える柱が抜けてしまっては元も子もありません。 ですので耐力壁の強さを元に引き抜き力を計算し、それに見合った金物を付けていく必要があるのです。   現場はほぼスケルトンの状態で、ほとんど全ての金物を確認することができます。このタイミングに合わせて検査を行います。 柏原市役所の担当の方はとても丁寧に、見える全ての金物をチェックしてくださいました。こちらとしても、漏れがないか確認してもらえて安心感につながります。   これで金物の検査が終わりましたので、耐力壁の施工を進めていくことができます。 どんどん進む現場を見れて、とても楽しみです。     日野弘一   ホーム お問い合わせ
>> 続きを読む

耐震設計のお手伝い【設計業務】
大阪府柏原市で縁のある工務店さんが改修工事を行います。 その改修後の耐震診断の評価、申請のお手伝いをしています。 建物がスケルトンになってこれから工事が始まろうとしています。   この日は工務店の社長と監督さん、大工さん、設計関係が集まり打ち合せです。 建物が計画通りに進められそうか、打ち合わせをしました。   私も耐震関係の打ち合わせをしました。 解体をしてみて、実際は計画と違うところが多々ありましたので訂正が必要です。 それを踏まえて、補助金の申請の段取りなどを打ち合わせしました。   今回は構造部分のお手伝いだけですが、いい建物になるお手伝いができれば幸いです。     日野  
>> 続きを読む

事務所からの案内

吹田市で木の家を設計したり耐震診断しています
吹田市で木の家を設計しています
インターンシップ、スタッフ、木の家のお手伝い募集