· 

アラウンドビオトープの作成【DIY】

事務所の前にメダカを飼うためのビオトープを作成しました。

トロ舟に砂利を引いているだけですが、それを囲うカバーを無垢のクルミ材で造ってみました。

赤ちゃんメダカをもらってきて、”アラウンド”ビオトープが出来上がりました。

 

結局今回造ったのは箱だけです。

出来るだけ事務所に転がっている材料を使って在庫を処分します。

下地は塗装の時に下に敷いていた赤松を使いました。

 

このくらいならあっという間に組みあがります。

注意するのはここに設置するトロ舟の大きさを間違えないことです。

写真左側のように地面にそのまま置くとメダカがすむ水温の管理が難しくなるそうなので、写真右側のように脚をつけてあげました。

 

内側を見るとこんな感じです。

足の両端を切り欠いているのはデザインです。

そして設置するとちょうど、乗りました。台の下に空気が通ります。

 

下地ができたのでくるみの無垢板を張っていきます。

前まで看板で使っていた材料なので水染みがところどころにありますが、それを避けるように張っていきます。

短て方向に板を張ることにしたので比較的避けて張ることができました。

あとは上に乗せる枠をつけるだけです。

 

しかし枠を造るのをサボっていたら、完成の前になんとメダカが届いてしまいました。。。

このメダカは一昨年竣工した”東大阪の家”の住まい手さんが飼っているメダカの赤ちゃんをもらってきました。

今回このビオトープを造ろうと思ったのも、東大阪の家に遊びに行った時にビオトープを造っているのを見ていいなと思ったからなのです。

 

近くで見るとこんな感じです。

下地を二重にすることで、箱の中の通気性を確保しています。

くるみの無垢板は本実板ですが、湿気の多い季節に張ったのですいてくるかもしれませんね。

 

メダカが来てしまったので、いよいよ枠を造ります。

枠はもくるみのフローリングを使っています。

エッジは本実板の形を生かして、ちょっとこだわっています。

エンドマッチが付いていない部分は、それに合わせてのみを使ってかき取ったので少し汚くなりましたね。。。

 

でもそのおかげで箱の蓋をシュッとした感じで納めることができました。

蓋のラインと、板の境にスリットが入って綺麗に見えます。

 

板の端っこは、まっすぐ張れているようで少し歪んでいるので、直接当てるよりもこうやってスリットを挟んだ方が粗が目立たないので素人DIYの私はよく使います。

 

ビオトープがとりあえず完成しました。

夕日が当たって綺麗です。

これからも少しずつ楽しい仕掛けを造っていけたらと思います。

 

草が生え散らかってしまっていますが、事務所の前がこのようになりました。

通学の学生さんがのぞいてくれたり、おばさまが話しかけてくれたり、意外とみんな気にしてくれています。メダカの赤ちゃんが元気に大きくなれるよう、頑張ってお世話したいと思います。

 

 

日野弘一