明石市のいえ 造作工事が進んでいます

兵庫県の明石市で工事が進んでいる明石市のいえの現場に行ってきました。

山陽電車の大蔵谷駅を降りて山側を見てみると遠くに現場の建物が見えました。

 

外装は透湿防水シートが貼られ、通気胴縁が確認できました。

あとは仕上げの材料を張られるのが楽しみです。

 

室内も造作工事が進んでいます。

概ね形はできてきており、建物の全体のイメージは浮かんできます。

イメージ通りの空間になりそうです。

この日は仕上げ材の最終確認を行いました。

 

建物の中心に、合板で筒のようなものが見えていますがこれは螺旋階段の壁です。

普段はあまり採用しないのですが、建物の面積が限られていること、また住まい手の強い希望があり採用に至りました。

 

円形に下地を組み、曲面合板を貼り付けています。

 

屋根の上に上がると明石海峡大橋、淡路島が一望できます。

この日は天気にも恵まれいつもより綺麗に景色を望むことができました。

(なぜか現場に行くときは雨が多いのです)

建物の完成までもう少し。完成がますます楽しみになりました。

 

日野弘一