湖底の家

大津市の新築住宅。西側の接道面以外の3面が隣家が近接した敷地でした。日光が入りにくい条件の中で明るい生活を送るために、二階に大きな窓を設け、そこから日射を得る計画にしました。二階の吹き抜けから一階の家族が集まると空間に光が落ちて来ます。

構造材には琵琶湖産材を使っています。また床材、家具材も国産の無垢材を使い、暖かく居心地のいい空間になりました。

 

湖底の家の特徴

過去のブログ

モデルハウス見学

構造材の下見

工事契約

地鎮祭

構造材の打合せ

プレカット打合・木配り


配筋検査

建て方

中間検査

上棟式

広葉樹製材

広葉樹購入


外壁板の塗装

格子材の塗装