タモの材料出し・ブラックウォールナットとの出会い

この日は太子橋のいえの材料出しに大阪府南港の中田木材に行ってきました。

メインはタモの幅はぎ板です。北海道で取れたという国産のタモパネル。在庫をしてもらっているものの中から必要な数量を拾い出してきました。

スタッフの方にもお手伝いいただいて、とても助かります。

材料は相変わらず綺麗で、建物に使われるのがとても楽しみです。

 

こちらも同じくタモ材なのですが、これは一枚板になります。

先ほどの幅はぎ板というのは、幅が150mm程度の狭めの板を何枚かはぎ合わせて大きな幅の材料にしています。

これはそういったはぎ合わせはしておらず、一枚の板でこれだけの幅がある材料になります。

これはキッチンのカウンターの天板や、TV台の天板に使う予定です。

荒木なので加工が必要ですが、太子橋のいえを施工してもらっている山本博工務店は大きめの加工機があるのでこのまま納品させてもらいます。

とても助かります。

 

帰り際に、倉庫の奥の方からブラックウォールナットの山があるということで見せてもらいました。

この一山で、とてもお値打ちな金額だったのですぐに購入してしまいました。

ただ、お安いのには訳があって、材の端の方に虫がついているとのことでそれを退けて使う必要があるのです。

それでもこの量で、使い物になる材が多く取れたらとてもいい話なので買ってしまいました。

パッと見た感じ、結構いいように使えるのでは無いかと感じました。

 

今度しっかり時間を作って、学生か誰かと木取りに来たいと思います。

こういった作業も、楽しいものです。

 

 

日野弘一

 

問合先

WASH建築設計室

〒565-0821

大阪府吹田市山田東4-41

代表TEL:06-4980-4224

業務範囲

大阪、兵庫、滋賀、奈良、京都、和歌山の関西圏を中心にしています。

全国対応可能ですのでご相談ください。