大阪市鶴見区のいえ【中間検査】

大阪市鶴見区で耐震改修工事を行っている物件の、中間検査が行われました。

大阪市の耐震改修の補助金を申請しているので、その中間検査です。

以前行った詳細調査の結果をもとに、耐震改修計画を作成し、それに基づいた改修工事になります。

今回の中間検査は金物、また耐力壁として採用した「壁大将」の検査となりました。

 

まずは柱脚柱頭金物の確認を行います。

耐力壁を補強する際、その両端の柱には今までよりも強い引き抜き力が発生します。

それに対応するべく、柱の上下には金物での補強が大切になるのです。

 

そして耐力壁となる壁の確認も行います。

今回はDAIKENの壁対象をベースに補強を行いました。

これの優れているところは床と天井を解体せずに補強が行えることで、今回のように小規模なリフォームの時には重宝します。

ただ、下地の構成が細かに規定されていることや、ビスのピッチなどがチキンと仕様書に合致しているかなどのチェックをしました。

 

中間検査を終え、構造的に大切な工程は無事に終わりました。

補助金を管轄している大阪市住まい校舎の方にも立ち会ってもらい、検査も無事終わりです。

残る仕上げの作業を進めてもらい、工事が完了すれば耐震補強工事は完了します。

 

補助金は年度末までに工事を終える必要があります。

手続きで滞らないよう、引き続き業務を進めていきたいと思います。

 

 

日野弘一

 

問合先

WASH建築設計室

〒565-0821

大阪府吹田市山田東4-41

代表TEL:06-4980-4224

業務範囲

大阪、兵庫、滋賀、奈良、京都、和歌山の関西圏を中心にしています。

全国対応可能ですのでご相談ください。