千里山の家 屋根・外壁終盤です【監理業務】

大阪府千里山で進んでいる屋根の葺き替えと外壁塗装の工事ですが、作業が終盤に差し掛かりました。

屋根はガルバリウムの縦ハゼ葺きが概ね葺き終わり、外壁も塗装が概ね完了しています。

足場の撤去はお盆を挟みますが約10日後に決まりました。

私たちも作業に漏れや問題がないかチェックをしっかりと行います!

 

屋根は勾配が急で、少し複雑な形もしているので作業が大変でした。

私も足場の上には立てますが、とても屋根の上に足を置けません。

板金屋さん、あと少しですが気をつけて頑張ってください。

 

 

今回の葺き直しを機に屋根に通気層を設けたのですが、住まい手からはロフト室の温度がかなり下がったと喜ばれています。

断熱補強などはしていないのですが、通気層の有る無しは室温に大きく影響するみたいです。

 

外壁の塗装も進んでいます。

既存の外壁の色を踏襲した、少し黄色味を入れた色合いでとても可愛いです。

矢切の木部の塗装もしっかり確認しました。

 

駐車場付近では左官屋さんが作業しています。

少しブロック塀を撤去したり、アコーディオン式の車のゲートを撤去したりとで土間の補修が必要になりました。

 

また、元々駐車場のグレーチングがぐらついたり、角がタイヤにあたりそうなど傾きが生じていたのでこれを機に調整します。

色々と雑作業をありがとうございました。

 

作業はもう少しですが、引き続き監理は続きます。

完成が楽しみです。

 

 

日野弘一