千里山のいえ 屋根工事進んでいます。

大阪府千里山で工事が進んでいる千里山のいえ。

屋根の葺き替えが始まっています。天気が不安定な中、束の間の晴れ間を生かして精力的に作業が進められています。

 

まずは既存の屋根材を剥がしていきます。

部分的に屋根材が割れていたり、天窓のスカートにも割れが見えています。

屋根の葺き替えのタイミングであることが再確認できます。

屋根材を剥がすと、既存の防水と瓦を引っ掛けていた桟が残りました。

 

その桟を残したまま、通気の胴縁を取り付けていきます。

その胴縁の上に、下地の合板を張っていきます。

雨が降ったり降らなかったりですので、手際の良さが求められます。

合板が張り終わったところからすぐにブルーシートでの養生をしていきます。

 

スタッフの杉村くんに屋根の上の写真を撮ってきてもらいました。

屋根は勾配がきついのと、普通の二階建ての建物よりだいぶ高い部分があるので怖そうです。

屋根の葺き替えも間近で見るのは初めてだと思うので、しっかりみて勉強して欲しいものです。

 

千里山のいえの工事は外壁の塗装もあるのでもう少し続きます。

その間、週一回の現場監理が続きますので、引き続きしっかりと監理していきたいと思います。

住まい手に喜んでもらえる工事にしたいものです。

 

 

日野弘一