高野台のいえ 着工しました

吹田市高野台でリフォーム工事が始まりました。

中古物件を購入し、お引っ越し前に少しリフォームをしようという計画です。

この日は工事契約を行い、早速一部解体の作業が行われました。

 

リビングに吹抜けを設けるのが一番大きな工事です。

まずは吹抜けがいい具合に開けられるかの確認のため、天井を一部開口します。

そのために養生をしっかりと行います。

 

大工さんが手際よく開口します。

天井裏から床の下地が見えています。

この建物は鉄骨造なので床にブレースが見えています。

これが吹抜けの希望の位置にどう見えてくるか、それを確認したいのです。

確認した結果、ちょうどいい位置に綺麗に見えてきそうです。

吹抜けを開ける工事を予定通り進めることになりました。

 

吹抜けを開ける前に、二階にも位置出しをしました。

これを見て住まい手に最終確認を行いました。

 

その後、作業を進めるとこのような感じになりました。

綺麗にブレースが中央に来ています。吹抜けの上に窓があるので一階のLDKが明るくなりそうです。

 

床を張り替える場所に使うフローリングも現場に搬入しています。

栗の幅広の板で、一枚ものです。小節がありますが気になるほどではありません。

より分けて使えばとても綺麗な床にすることができます。

 

工事が進むのが楽しみです。

 

 

日野弘一