庄原市 古民家の採寸【設計業務】

広島県庄原市の古民家。

これを改装して、一棟貸しの旅館にしようというプロジェクトが動いています。

今回、これの現況図面を作成するために採寸の調査に行ってきました。

 

内部は片付けと合わせて少しずつ解体が進められています。

床は腐ったりしていることもあり撤去されています。

茅葺き屋根の古民家です。構造材も立派で、クリが使われています。

 

今回は一人での調査になりましたので、少し工夫をしてみました。

いつも仕様しているインテグラル社のホームズくんを使っています。

まず、建物の間取りをホームズくんで入力してしまいます。

既存図面も何もないので、これを野帳の代わりにしてしまおうという作戦です。

 

ホームズくんで大まかな間取りがかけたらそれをエアドロップでiPadに転送。

そこからはiPadで詳細の寸法を書き込んでいく作業になります。

紙を使うよりもこれがとても楽です。暗いところでもよく見えますし、ペン一本でいろんな色を表現できます。

ズームすればそれなりに細かいことも書き込めます。

野帳もかさばらないし、これからの調査のスタンダードにしたいくらいです。

 

そんなこんなで思った以上に早く作業が完了しました。

しかも一旦ホームズくんに入力をし終えているため、今後の耐震診断などの作業もスムーズになるはず。

余った時間は現場の確認などに充てられました。

 

また、地盤面の高さや桁までの高さなども確認しました。

平面図の作成が目的でしたが、ある程度の立面図、断面図の作成もできるようにしておきました。

これから計画を練ることになると思いますが、どんな建物になるのか非常に楽しみです。

 

 

日野弘一