パンの腐食の経過実験【DIY】

以前からやってみたいと思っていたパンの腐食の経過実験。

二つの密閉ができる瓶の中に、一方は自然素材、もう一方は新建材を入れて経過を見るというものです。

偶然、新建材の材料を手に入れたのでささっと作って見ました。

 

これが新建材の方です。

床に貼るフロアシート、壁用の壁シートをそれぞれ構造用合板に貼って切りました。

シートはカッターで切れるのでとても簡単でした。

 

こちらは自然素材の方。

床は奈良県吉野の阪口製材所のフローリングの端材を使いました。

壁の方は漆喰です。以前見学に行ったプラネットジャパンのフェザーフィールです。

下地はMDFボードですが。

これらを瓶の中にセッティングして、完成です。

ぱっと見は似たような感じですが、左が新建材。右が自然素材。

 

その中にパンが設置されました。

パンは四つ葉の無添加白パンです。

食べられないのは申し訳ないですが、有意義に使わせてもらいます。

 

こうして完成した二つの便は事務所内のアラウンドカフェ の一角に飾っております。

これから、どういう風に変化が出てくるか楽しみです。

私たちが設計する自然素材の空間と、新建材の空間。

その違いがわかりやすく出ればいいのですが。

 

 

日野弘一