琵琶湖の見える家5年メンテナンス【メンテナンス】

前の事務所の時に担当していた滋賀県大津市の”琵琶湖の見える家”の5年メンテナンスに行ってきました。

工事を担当した同じく大津市の坂田工務店の監督、また前の事務所のエムズ建築設計事務所からもスタッフが1名きてくれました。

 

屋根の点検を行いました。

坂田工務店の監督さんが梯子で登ってくれます。

屋根、薪ストーブの煙突周りも異常なしです。

 

屋根の上からは琵琶湖が見えます。

 

床下にも入ります。

いつも調査で行く古民家とは違って新築なので新鮮です。

床下の不具合のチェックを行いました。

 

洗面室の下には設備の配管も固まっています。

配管の問題もありませんでした。

 

問題というと、玄関の床の塗装が剥がれていました。

やっぱり柔らかい杉を使うと、削れるのが速いなと感じます。

ただ、難しいとそうではないので塗料を使って住まい手さんがご自身で再塗装していただくことになりました。

 

デッキは板が色が変わってしまっていますが、劣化はしていません。

屋根があるようにしていましたが、このくらいは風合いが変わります。

 

外部の劣化も調べています。

建物本体ではないですが、やはり植栽を支える竹などにシロアリの被害が見受けられました。

シロアリは自然の中にはどこにでもいるので、それ自体は問題ないですが建物のほうに来ていないかだけ、しっかりと確認します。

 

特にデッキなどで隠れている基礎の立ち上がりなどが注意が必要です。

覗き込んで確認していますが特にそれらしきものはありませんでした。

建物内の床下からも確認していますし、建物は真壁で柱が見えているので蟻害があったとしても比較的発見しやすいのでそこはメリットになります。

 

こうして5年メンテナンスを終えました。

2年前くらいにも別の用事で来ていましたが、子供が大きくなったり、大きな犬の家族が増えていたりと家族の暮らしが新しく建物に刻まれていました。

 

これからも、ご家族と一緒に永く過ごしていける家になることを願います。

 

 

日野弘一