最近の模型【設計業務】

WASH建築設計室で最近作っている模型を紹介します。

模型は色々な目的があって、それぞれ作り込み方が違います。

 

これはボリューム模型です。

建物の大きさ感を検討するための模型です。

この時は建物の屋根の勾配をどうしようかと検討しました。

できるだけ時間はかけず、ぱっぱと作りたいところです。

 

こちらはプレゼン模型です。

大きさや形はすでに検討済みで、住まい手さんに建物の様子をわかりやすく伝えるための模型です。白い状態はスチレンボードで作っていて、これは下地になります。

ここに仕上げの材料を貼ることで模型を仕上げています。

 

仕上げるとこんな感じになりました。

色味や木部の使い方がわかります。

建物の内観も簡単ですが作っておくと間取りがよくわかります。

住まい手さんのための模型なので、ある程度時間をかけて凝って作ります。

 

大きさ感を伝えるために模型に人の人形や車を置くのは非常に有効です。

昔は高くて買いませんでしたが、最近は安価なものが多く発売されていて気軽に使えるようになりました。

 

最近はCGやパースも簡単に作れますが、やっぱり模型の方が伝えやすい情報も多くあります。

これからも効果的に、使っていけたらと思います。

 

 

日野弘一