台風被害の対応【メンテナンス】

今年の夏、関西は大型の台風の影響で多大な被害を被りました。

池田の家も被害を受けた家の一つです。建物の南面が緩い斜面地になっており、風を遮る建物や樹木がなかった事もあり強い風が当たったのだと思います。

東は最小限で、ドーマー部分の鼻隠を包む板金が剥がれただけですが、思いもよらぬ被害となりました。

 

当時は板金の注文がなかなか追いつかず、応急措置として飛んだ板金をそのまま固定した状態にしていました。そして今回、板金の段取りと板金屋さんの手配ができたのでいざ修理です。

 

まずは応急措置でつけていた板金を外します。

こうやって見直してみるといたるところが凹んでいて、当時の被害を思い出します。

 

板金はある程度形を作ってきており、現場では長さの調整だけです。

二人掛かりであっという間に取り付けてしまいました。

段取りがいいのはとてもいい事ですね。

 

鼻隠しの端部も板金を曲げて抑えてバッチリ納まりました。

前回よりも固定するビスの数を増やしています。

また大きな台風が来るかもしれないので、念入りに固定をお願いしておきました。

 

年内にメンテナンスを終えることができ、すっきりとした気持ちで新年を迎えられそうです。

板金屋さん、ありがとうございました。

 

 

日野弘一