焼印をつくっています。(前半)【DIY】

30×30×20の金色の真鍮に、WASH建築設計室の焼印をつくろうと思います。

 

使用するのはキソパワーツールのミニルーターです。

金属やガラスの彫刻をしたり、磨いたりするもので、

グラスに好きな彫刻を施したり、金属に出てきたサビを落として綺麗にしたりできるそうです。

 

 

事務所名を入れたいのですが、どのようなデザインにするか迷います。

理想としては全部入れたいので、

「WASH建築設計室」ですが・・・

30×30のサイズに対しては線が細かすぎるので、

特に「築」なんて無謀と思い、潔く英語表記にすることにします。

 

PCの中には好きなフォントがなかったため、まずは手書きで自由に紙に書きこみます。

枠があったほうが焼印としてしまるし、可愛いですね。

ハンコなので、PCにデータを読み込み、反転を忘れずに行いましょう。

 

カーボン紙を使って、文字と枠を真鍮に落とし込んでいきます。

どの箇所を真鍮に落とし込んだかわかりやすいように、念のため、赤ペンで書いていきます。

 

綺麗に複写できました。

ここまでは順調そうです。

 

いよいよミニルーターを使っていきます。

先端ビットは切削用のものを取り付け、大まかなところから削ります。

スクリュー上のビットが高速回転しますので、

字や枠を削ってしまわないように細心の注意が必要です・・・

うまく削れるのでしょうか。

 

後日、完成までの過程をレポートいたします。

                     (後半へつづく)

 

 

(スタッフ:葉山)