池田市の家 壁の解体工事

先日、池田市の家の工事現場にいってきました。

 

うえの写真は、解体工事が終わってからとった写真です。

 

ふたつの個室のあいだにあった壁を撤去して、1室にするという計画内容です。

 

1室にしたあと、本棚のうらに壁紙をはって大きなスクリーンをつくり、

 

大きなリビングのような空間とします。

わたしが到着したときには、すでに壁が撤去されていました。

 

上の右写真は、壁の撤去時にでた壁の廃材です。

 

壁を撤去すると、棟木があらわれました。鴨居と建具を新設して、左上の写真の鴨居上の

 

三角の部分には、エアコンの風が抜けないようにアクリル板を埋め込んでいきます。

壁の撤去のときにでた廃材を薪ストーブの薪としてつかうため、

 

インパクトでビスを抜いて、のこぎりで適当な長さに切りわけます。

 

池田市の家の住まい手さんは、チップ工場や市で木の伐採を行うときに、

 

薪を収集されているとのことで、壁の廃材も薪として再利用されるそうです。

また、昼休憩のときには、住まい手さんに大学芋を出していただきました。

 

「油と砂糖を弱火で温めて10分くらいたつと、砂糖が液体になってくるので、

 

そこで、揚げたさつまいもを投入してからめると大学芋の完成」とのことでした。

 

柴犬のコタロウくんもうらやましそうに眺めていて、申し訳なくなりました。

 

からめた砂糖はカリッとして、中はホクホクですごく美味しかったです。

 

ありがとうございました。

工事はまだまだ続きますが、家は建てたら終わりではなく、住まい手さんの

 

年齢や家族構成の変化によって、家にも変化を加えたりやメンテナンスをしてあげることが

 

大切だなと思いました。わたしも、設計を学んでいくうえで、現在の住まい手さんの

 

要望のみを叶えるのではなく、ライフスタイルの変化を見すえた設計ができるよう

 

精進しようと思います。

 

(スタッフ:山田)