幅はぎパネルについて

WASH建築設計室の設計する建物には”幅はぎパネル”がたくさん使われています。

幅はぎパネルとは、板材を何枚か並べてはぎ合わせてできたパネルの材料です。

一枚板とは違い、材料が狂いにくかったり、大判の材料を気軽に使うことができます。

なので家具材として、階段材として、様々なところで活躍します。

材料はどんな木材でも造ることができますが、一番多く使うのは杉のパネルです。

他にも栗、楢、タモ、ヒノキなどをよく使います。