壁掛けパンフレットスタンドをつくりました【DIY】

事務所のパンフレットをカフェの壁に掛けるための

パンフレットラックを作っていこうと思います。

まずは、土台部分となる杉の部材に、切り出す線を書き込んでいきます。

100mm幅のパンフレットを3列に並べたいので、余裕を持って480mm×40mm

の大きさで、丸ノコギリを使ってカットします。

 

カットが終われば、次は壁に取り付けるためのL字金具を取り付けます。

パンフレットを3列並べた時に、L字金具が隠れるように計画をします。

位置が決まれば下穴を開け、ビスで固定します。

 

L字金具の取り付けが終わりました。

立てかけたパンフレットが滑り落ちる恐れがあるので、縁部分にバルサを貼ります。

バルサは5mm幅にカットしました。

貼り終われば、いよいよ壁に取り付けます。

水平になるように印をつけ、インパクトを使いビスで固定します。

 

壁掛けパンフレットラックの完成です。

少しの材料と短時間で簡単に作成することができました。

 

こちらはカフェの壁に掛けてありますので、

WASH建築設計室、ARAUndCAFEにお越しの際には

ぜひ、手にとってみてください。

 

 

 

■追記(2018年7月30日)

 

いざ、完成したパンフレットラックに、パンフレットと立て掛けてみると

パンフレットがパラリ・・・パラリ・・と落ちてしまいます。

パンフレット下部は、バルサが滑り止めの役割を果たしていたのですが、

パンフレッド上部に、徐々に空気が入ることで、頭を支えられずに落ちてしまうようです。

そこで、5mm幅のアガチスを糸鋸で50mm×510mmにカットして杉材に貼り付けました。

 

改良が終了しました。

これでパンフレットが上部から倒れそうになっても

底面より25mmの高さを持たせているアガチス材がストッパーの役割を果たします。

パンフレットが落ちなくなりました。

オリジナル壁掛けパンフレットラックの完成です。