福崎町のいえ 床張り

兵庫県神崎郡福崎町のログハウスのゲストルーム改装の工事が進んでいます。くるみのフローリングを床に張る作業が進んでいます。

基本的には既存の複合フローリングの上から張ります。複合フローリングがうまく解体できなかった部分は構造用合板で高さを調整しています

 

くるみのフローリングは国産材を選んでいます。長さがユニではなく一枚ものを選んでいますが、長さがまちまちな”乱尺”の製品になります。

 

フローリングは張れたらすぐに養生されるので、見えなくなってしまいました。端っこから少しだけ見えますが、全体が見えるのは竣工間際までのお楽しみになります。

 

工事は着々と進行しています。

出来上がるのが楽しみです。