大津市の家 引き渡しをしました

滋賀県大津市の家のお引き渡しをしました。

外構工事や手直し工事が残っていますが、お引越しをするために先に引き渡しを行いました。

 

写真は生活の中心になるダイニングの様子です。

吹き抜けから光が入り、日中は非常に明るいです。

一階の床板は岐阜県の栗板です。

構造材は高島市森林組合の材料と、大津市の伊藤源の材料が使われていますがどちらも滋賀県産材の国産材です。

天井には杉の三層パネルJパネルが使われています。

左の写真はダイニングを居間から引きで撮った写真です。

カウンターの奥が台所です。カウンターの天板は岐阜県産の栗のパネルになります。

吹き抜けから光が落ちて来る様子が良くわかります。

晴れてなくても、曇っているくらいでもこのくらい光が入ってきます。

右の写真は吹き抜けの様子です。

左の写真は居間の写真です。玄関ホールから入ってすぐです。

ここはソファやテレビを置きます。

右の写真は見返しの写真で、玄関との間は木製の格子戸が遮ります。

壁は杉板で、滋賀県産材になります。

左の写真は居間からダイニングを見た写真です。

青い建具は会談した収納で、大きな荷物を収納できます。

右の写真は台所からダイニングを見た様子ですが、奥に階段が見えています。

階段は大分県のトライウッドの杉のパネルを採用しています。

節があるものを選んでいます。

二階は子供部屋がふた部屋と、それをつなぐ勉強スペースがあります。

勉強スペースは吹き抜けに面しており、台所やダイニングに繋がっています。

 

今回はまだ外構工事が終わっていないなので外観の写真がありません。

年明けに全てが完了してからHPにまとめたいと思います。

とりあえず、住まい手に建物を引き渡すことができ、ほっとしました。