大津市I邸 外部格子の塗装

滋賀県大津市のI邸の外部の格子材の塗装にいってきました。

前回は外壁板を塗装しましたが、今回は格子材です。格子材も滋賀県材の杉を使用します。

この日は京都の大学からインターンシップにきてくれている学生さんも一緒に塗装です。

大阪塗料工業のユーロカラーのブラウンを一回塗った状況です。

そしてこちらが二回塗りを終えた様子です。

二回塗ると、やはり色ツヤが出ていい感じの仕上がりになりました。

学生さんも塗装は2回目なので少し手際が良くなっています。

茶色の塗装は概ねお任せしてしまう事ができ、とても助かりました。

建物正面の部分には長い格子を使うのですが、そこだけは生地の色でいきたいので、ユーロカラーのクリアを塗装しました。

左側の写真は素地の状態で、右側の写真は二回塗りを終えた状態です。黄色味がまし、濡れたような質感に仕上がりました。

早く取り付けられるのが楽しみです。

塗装の作業が終わった後は、近くの”カフェ・ヴィーゼ”で昼食をいただきました。

なんと坂田工務店の社長のお姉さんがやっているカフェで、社長のご厚意で私たちにご馳走をしてくれたのです。

塗装の場所をお借りするだけでもとても感謝しているのに、ここまでしていただいてとても嬉しかったです。

ありがとうございました。