東大阪の家 外壁塗装に行ってきました

東大阪の家の外壁の塗装をしてきました。

大阪府吹田市の事務所から車で一時間くらい。施工して頂いている木村工務店の加工場をお借りして、杉板をオイル塗装してきました。

思っていたよりも量が多く、午後の用事もあるため手際良く作業を進めます。

インターンシップの学生さんにも手伝ってもらい、ユーロカラーのブラウンを塗装していきます。

最終的には木村工務店の監督さんにも手伝ってもらうことになってしまいましたが、なんとか全てを二回塗り切ることが出来ました。この板は杉ですが、外壁で使用するので赤味勝ちの材料を選んでいます。材料は奈良県吉野のウッドベースから購入しました。外壁に張られるのが楽しみです。

午後は西宮市に移動して、私の以前務めていた事務所の先輩のしましま設計室の事務所が改装されたのを見学がてら遊びにいきました。工事中の部分が残っているため、そこの石膏ボードはりをさせていただきました。

大工さんは簡単そうにやっていますが、やってみると難しいものです。実際に手を動かしてみて、職人さんのすごさを再確認します。

窓の周りの黄色っぽい部分が石膏ボードを張った部分です。

写真で見ると綺麗に晴れたようにみえますが、ガタガタで隙間もあります。塗装のパテ処理が大変そうです。

なんだかんだ、この日は作業ばかりの1日となりました。