ナラの製材に行ってきました

大阪府の北、豊能にある向井製材所に行ってきました。

先日、滋賀県の高島森林組合で購入したナラ材を加工するためです。

購入したナラ材は、分厚すぎて使える場所が限られてしまっていたので、厚みを落とすことが目的です。

また、できれば大津の現場で使いたいので、プレーナー仕上げまでしてもらいました。

建物はノスタルジックで、古いけどとてもいい雰囲気です。

先日購入したナラ材は並べられています。

それを、右の写真の機械に乗せて挽いていきます。

機械に木材を固定して。。。

それを高速で回転する鋸に向けて走らせます。

材料のくせを見極めて、一本ずつ加工をしてもらいました。

厚いナラの板が、半割りになっています。

当たり前ですが、ミリ単位の精度で仕上がってきます。

向井さん親子のコンビネーションも息ぴったりです。

製材が終わった材料を、事務所まで届けてもらいました。

今までは重たくて動かすのが難儀でしたが、自分一人でも動かしやすくなりました。

この日のうちに、あらかたどこに使うか目星をつけました。

設計する建物の中に使うことを考えるととても楽しい作業です。

 

相談に乗りながら融通を利かせて対応してくださいました向井さん、ありがとうございました。