東大阪T邸 中間検査を終えました

東大阪T邸は建て方を終えたので中間検査を行いました。

小屋組までの工事を終え、柱脚柱頭の金物の取り付けが完了しましたので、審査機関の方に検査をしてもらいました。

検査は瑕疵保険の検査も兼ねていたので、とても綿密に行われました。構造材の大きさや掛け方を確認するのはもちろん、

柱脚柱頭金物も仕様書を見ながら確認します。検査員の方も納得の施工で、無事に検査を終えることができました。

 

 

 

現場ですが、二階の床のJパネルが張られ、今は養生する直前の状態なのでみえていますがとても綺麗です。

大工さんは外壁のボードを張り進めています。工事は順調に進んで行っています。