大津市I邸 建て方に行ってきました

大津市I邸 建て方に行ってきました。

 

建て方前の様子です。基礎は型枠がバラされ、出来上がりの姿を見せています。

まずは先行して、床を支えるヒノキの土台、大引が据えられています。

土台はアンカーボルトできっちりと基礎と緊結されています。

また柱と基礎を緊結するホールダウン金物の穴もバッチリです。

今回は基礎断熱工法を採用していますので、基礎の内側に断熱材が張られています。

また、設備の配管ができた段階で、先に床の合板を張ってしまいました。こうすることで上で歩きやすくなり、施工性が高まります。

そしていよいよ建て方です。

 

 

一日のうちに、一気に屋根まで組み上がってしまいました。

屋根には、室内側は化粧で見えてくるJパネルを採用し、このパネルで水平構面を固めています。

構造材はDボルトで緊結していますが、プレカットもバッチリです。

屋根のJパネルを張って、化粧垂木を据えるところまで終えて、この日は雨の養生をし、作業を終えました。

段取りよく、無事に終えられて良かったです。大工さんたちありがとうございました。