温熱環境と快適性

断熱性能を向上させると無暖房の状態の室温が上がります。

また、建物の表面温度が上がるため、体感気温が上がる事にもつながります。

体感温度は(室温+表面温度)÷2で計算されます。

 

またエアコンなどの暖房効率が上がります。部屋の暖気と冷気のむらができにくくなります。

暖房をしている部屋と、暖房をしていない部屋の温度差が少なります。ヒートショックのリスクの低減に繋がります。

また、寒くて使えない部屋がなくなり、家全体を広く使う事ができるメリットが生まれます。

 

ただ、断熱性能が高い家になると、結露の危険性が高まります。

結露は建物の断熱材などを悪くするだけでなく、カビなどが発生することでアレルギーなどの健康被害を起こす危険性もあります。

結露については定常計算を行い、発生しないよう注意しています。