構造材を見せる

WASH建築設計室の設計する建物は、柱や梁などの構造材をできるだけ見せるように心がけています。

新築の時はほとんどすべてを、改修・リフォームの時でも見せられるものは見せるようにしています。

それは、山で大切に育てられた木材を、隠してしまうのはもったいないというのもありますが、

建物の維持管理の観点から、構造体が見えていることはとてもいいことです。

例えば、シロアリが柱に入った場合でも、構造材が見えていると対処しやすいという事があります。

 

ただし、構造材を見せるためには、構造材の品質を確保するため、仕入れから段取りすることや、

部材の位置をこちらで指定するなど、徹底的な管理体制が必要になります。