造作家具について

ほとんどの家ではキッチンや洗面などは無垢材や集成材を使って大工さんに造ってもらいます。家具屋さんに頼むと高くなることも理由ですが、大工さんの腕の見せ所を用意することで少しでも大工技術の継承に繋げたい、という思いもあります。また手作り品は手入れさえすればメーカー既製品よりもずっと長持ちします。

 

キッチンは一から大工さんに一から製作していただく方法(写真左)と、システムキッチンの前板だけを大工さんに交換してもらう方法(写真右)があります。

一から製作する場合、無垢材の幅はぎパネルと引き出し金物、もしくは引き出しキャビネットを組み合わせて完全に自由にお好みに合わせてキッチンを造ることができます。天板は人工大理石かステンレスか選択しますが、どちらにしても私たちが製作所に注文してオリジナルのものを造ります。

システムキッチンの前板を交換する場合、自由度はやや下がりますが、比較的安価に無垢材のキッチンにすることができます。またショールームで実物を確認することができます。

 

洗面台もキッチンと同じように大工さんに造ってもらう方法(写真左)と、既製品の前板を変える方法(写真右)です。

洗面は正面の収納もオリジナルで造ることができます。

 

既製品ではちょうどいいものがなかなかないものは大工さんの造作家具が活躍します。基本的にはどんなものでも造ることができます。

大きなデスクは勉強スペースに人気があります。文字を描くので硬い広葉樹を使ったり、デスクの前の壁にはマグネットが張り付くように金属の仕上げにし、PCに対応できるようにコンセントを用意しています。

リビングのデイベッドはソファとしても使えます。クッションの下には引き出し収納を設けてタオルケットを入れておいたり、生活に合わせて使うことができます。