Dボルト

構造材をあらわしにする真壁造りの家では構造用金物の選定が重要です。

金物の大半が部材の中に隠れ、見える部分もシンプルにデザインされたDボルトを採用しています。

見た目だけでなく、構造材の芯で緊結をするという構造的にも合理的な金物です。

 

 

Dボルトは羽子板ボルトなどとは違い、部材の中心部で引っ張ることができます。構造材の中心部で締め付けるため力が片寄りません。また、表面的にビスのみで固定されたいないため安定した性能を発揮します。

 

Dボルトはその大半が部材の中に隠れてしまうため、ボルトの頭しか外部見えてきません。

それも、木の節のような見た目にデザインされているため、自然で美しい仕上がりになります。

上の写真でも、Dボルトが多数使われていますが、どこにあるかわかるでしょうか。