大津市I邸 配筋検査

大津市I邸の基礎の配筋が進んでいます。ベースコンクリートを打設する前に、基礎の配筋検査を行いました。

鉄筋が図面通りに配筋されているかを確認します。太さや本数の確認から始まり、重ね継手の長さやコンクリートのかぶり厚さを確認します。

ベースコンクリートの底の基礎のかぶり厚さが不足していたため、かぶり厚さを調整するための”サイコロ”の向きを修正してもらっています。これでバッチリ指定以上のかぶり厚さを確保できるようになりました。

 

坂田工務店の現場監督さんも独自で確認してもらっています。瑕疵保険の検査もあるため、二重三重での確認を行うことができます。工事後は見えなくなる部分ですので、より慎重に確認を行うようにしています。