東大阪市T邸 配筋検査

東大阪市T邸の配筋検査に行って来ました。

東大阪市T邸はベタ基礎のコンクリートを一回打ちで打設するため、立ち上がりの型枠も同時に組まれています。

立ち上がりの型枠は、コンクリートの荷重で外に広がらないようしっかりと補強されています。

配筋検査では鉄筋が設計図書の通りの配置になっているか、本数・太さが間違いないか、コンクリートのかぶり厚さが確保されているか、重ね継手の長さが取れているかなどを確認します。また立ち上がりの型枠もすでに組まれているため、配管のスリーブの位置なども確認します。

 

基礎を打設すると、一回打ちですのであっという間に出来上がります。今からとても楽しみです。