大津市I邸 地鎮祭

雨の中になってしまいましたが、地鎮祭を執り行いました。

土木工事を行う際や建物を建てる際に、神様に工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る大切な儀式です。

小椋神社の神主さんに来ていただき、祭壇が用意されています。祭壇にはお供え物のお米やお酒、海の幸、

山の幸、野の幸、またお塩やお水が並べられています。

神主さんにより、修祓の儀(お清め)、降神の儀(神様のお迎え)、献餞(お供え物を差しあ上げる)、

祝詞相乗(祈りの詩をささげる)と順番に儀式を進めていただきました。

これを機に、いよいよ工事が本格的に始まっていきます。

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式です。

工事が無事に進み、住まい手さんにとっても我々関係者にとってもいいお仕事になるよう精一杯頑張って

いきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。