木材の販売・支給


WASH建築設計室では建材の販売・支給を行っています。

上質な材料を住まいに届けるため、自分たちで木材を取捨選択して提供したいと考えるためです。

質の良い、まして国産の木材となると金額が高くなりがちです。

そこでできるだけ川上に近い製材所や林産地から直接木材を取り寄せる工夫をしています。

国産材の構造材について


WASH建築設計室は地域材をつかって家をつくることにこだわります。

昔は、木や土、石など地域の材料を使って建てるのが当たり前でした。特に木材は、その土地の気候風土に適応しようと生き続けています。

木は家の柱や床材など建築材料になってからも住まいになってからも適切な調湿効果を発揮し、住まい手に心地よい暮らしを届けてくれます。

また地域の木を使うことは、運送の為の化石燃料のCO2削減をはじめ林業や製材業など地域の産業や経済にも寄与することにつながります。

日本の山の現状

日本では昔から木を使って家を造ってきました。近くの山で採れた木を使い、家を建てる。

こうして日本の森は需要と供給を保ってきたのです。現在、このバランスは崩れ、日本の森林は危機的な状況に陥ってしまっています。

 

日本は世界でも有数の森林国です。航空写真でもわかりますが、国土の大部分が緑色の森林であることがわかります。

そういった地理的条件もあり、日本では昔から木を使って家を造ってきました。

近くの山で採れた木を使い、棟梁大工が1棟ずつ家を建てる。こうして日本の森は需要と供給のバランスを保ってきたのです。

 現在、このバランスは崩れ、日本の森林は危機的な状況に陥ってしまっています。

 

戦後の復興、また高度経済成長期に木材の需要は急増しました。

しかし、戦時中の乱伐などで木材は十分に供給されず、木材価格は高騰を続けました。

この需要に対応するため、木材の輸入の完全自由化が1964年に行われています。

輸入材は国産材と比べて安価で、かつ安定的に供給できたため一気に需要が高まりました。

 

これらの影響で国産材の価格は落ち続け、日本の林業経営は苦しくなります。

木材自給率も9割近くあったものが2割まで落ち込んでしまいました。

国産材利用を促進する政策などで、現在は約3割まで持ち直していますが、まだ低い水準であることには変わりません。

売っても採算が取れない状況となり、手入れもできず荒廃する森が目立つようになりました。

国産材の価格が落ち続けたせいで、間伐などの整備を行ったり、収穫のための主伐を行っても採算が取れないのです。

 

林業離れは進み、林業の後継者問題、山村問題、限界集落の問題など、様々な問題を引き起こしています。

人の手で植えられた木は、人が手を入れをしないと育ちません。

 荒廃した森は根が張らず強風で倒れてしまったり、大雨で土砂災害を引き起こしたりするというニュースが目立ちます。

また二酸化炭素の吸収の働きも低下し、温暖化防止の機能が低下します。

 

また日本は世界有数の木材消費国でもあります。

日本向けに材木を輸出している国では、乱獲による環境破壊を招いているところさえあります。

自国に豊富な材を蓄えながら、採算が合わずに使うことができず、国土が荒廃させていながら、

輸入材で家を建てて外国の国土を荒廃させるといういびつな状況に陥ってしまっているのです。

 

今最も重要なことは、このアンバランスな状況を改善することです。

木材の使用量の多い住宅でも、積極的に国産材を使用していくことが大切だと考えています。

国産材で家を建てる意義

戦後の木材の需要の急増に対応するため、当時の政府は拡大造林政策を行いました。

杉・桧などの成長が比較的早く、建築用材になる経済的に価値の高い針葉樹の人工林を増やしていきました。

現在の人工林のうち、約4割がこの時期に造林されたと言われています。

 

現在、その時に造林した木材が60年を超え、使いどきを迎えています。

国土の大半を森林が占める、森林大国になっているのです。

しかし、海外からの輸入材に押され、せっかく育った日本の木が使われなくなってしまっているのです。

 つまり「なぜ木の住まいにこだわるのか」と聞かれれば答えは簡単です。

日本は世界でも有数の森林国であり、使いどきを迎えた木材がたくさんあるからです。

国産材の構造材を使うには


国産材の価格

国産の構造材を使うというとお金が掛かる印象を持たれることが多いですが、現在はそうではありません。国産材の価格は下がっています。

40坪程度の大きさの住宅であれば、構造材に掛かる金額は200万円程度と言われています。

 

国産の構造材を使うというとお金が掛かる印象を持たれることが多いですが、現在はそうではありません。

国産材の価格は下がっており、1975年当時の杉の単価に比べると半分以下に下がっています。

 

40坪程度の大きさの住宅であれば、構造材に掛かる金額は200万円程度と言われています。

総工事費が3000万円くらいだとすれば、約6%程度でしかありません。

 

このくらいの割合であれば、国産材を使った住宅を選択するのも現実的です。

日本の森林を活かすことができますし、温かみのある杉の匂いのする家に住めるのです。

さらに、大体の自治体では国産材を使った家に補助金を出す制度まであるのです。

 

国産材の品質管理

木材の品質管理はかつては木材業者が行なっていたそうです。

しかし現在、木材業者は流通業者と化していることが多くなっています。

そういった状況から、品質の管理は私たちでするようにしています。

 

林産地・製材所に出向き、住まい手さんに地域材を、直接生産者から購入(契約)するようにするようにしています。

そうすることで、木材の品質を自分で確認し、管理し、品質の確保された木材を家の構造材とすることができます。

また、住まい手さんにも製材所に来てもらうこともあります。

自分の家の木が、どこから来て、誰が製材しているのかを見てもらうことは、とても大切なことだと思います。

 

発注後も、乾燥状態を確認するため含水率の測定や、必要がある部材は木材の強度の計測もします。 

また、木材は同じ一等材で発注をしても、自然のものなので化粧のレベルにばらつきがあります。

節の多いものが混ざっていたり、色味が異なるものがあるのです。

綺麗な材料が家のよく見える場所に来るよう、番付の作業まで私たちが行います。

(大工さんたちにも手伝ってもらいますが)

そこまでしないと、国産材を使った構造材あらわしの家の品質を確保することはできないと思っています。

 

また、国産材の杉といっても産地によって色々特性があります。

基本的にはより近い林産地の木材をお勧めしますが、色々提案をさせてもらいます。

国産材以外の木材


国産材の木材を使う意義を述べてきましたが、適材適所で外国産材の木材も使います。

構造材は使用する数量が多いためほとんど国産材にしていますが、国産材だけではまかないにくい広葉樹を外国産材にすることがあります。

硬さが求められるテーブル材は広葉樹がおすすめですし、広葉樹を組み合わせることで木の色味が増えてアクセントにもなります。

木材販売のお問合せ


設計を依頼されない方でも木材のご相談を賜っています。

家具の材料、特にテーブルの天板などを選びに行くこともあります。

お気軽にご相談ください。