SERVICE

木材の販売・支給


WASH建築設計室では建材の販売・支給を行っています。

上質な材料を住まいに届けるため、自分たちで木材を取捨選択して提供したいと考えるためです。

 

質の良い、まして国産の木材となると金額が高くなりがちです。

そこでできるだけ川上に近い製材所や林産地から直接木材を取り寄せる工夫をしています。

 


WOOD

国産の構造材について


WASH建築設計室は地域材をつかって家をつくることにこだわります。

昔は、木や土、石など地域の材料を使って建てるのが当たり前でした。特に木材は、その土地の気候風土に適応しようと生き続けています。

 

木は家の柱や床材など建築材料になってからも住まいになってからも適切な調湿効果を発揮し、住まい手に心地よい暮らしを届けてくれます。

 

また地域の木を使うことは、運送の為の化石燃料のCO2削減をはじめ林業や製材業など地域の産業や経済にも寄与することにつながります。

 


SERVICE

国産材の品質管理


国産の構造材の管理もお任せください。杉、ヒノキ、栗など国産材をあつかっています。

 

林産地・製材所に出向き、住まい手さんに地域材を、直接生産者から購入(契約)するようにするようにしています。そうすることで、木材の品質を自分で確認し、管理し、品質の確保された木材を家の構造材とすることができます。

また、住まい手さんにも製材所に来てもらうこともあります。

自分の家の木が、どこから来て、誰が製材しているのかを見てもらうことは、とても大切なことだと思います。

 

発注後も、乾燥状態を確認するため含水率の測定や、必要がある部材は木材の強度の計測もします。 また、木材は同じ一等材で発注をしても、自然のものなので化粧のレベルにばらつきがあります。節の多いものが混ざっていたり、色味が異なるものがあるのです。綺麗な材料が家のよく見える場所に来るよう、番付の作業まで私たちが行います。

そこまでしないと、国産材を使った構造材あらわしの家の品質を確保することはできないと思っています。

 

 


WOOD

国産材以外の木材


チェリー、メープル、ウォールナット、アッシュ、バーチなど、無垢の天板、DIYの材料など相談できます。

国産材の木材を主に設計をしますが、適材適所で外国産材の木材も使います。

 

構造材は使用する数量が多いためほとんど国産材にしていますが、国産材だけではまかないにくい広葉樹を外国産材にすることがあります。

 

硬さが求められるテーブル材は広葉樹がおすすめですし、広葉樹を組み合わせることで木の色味が増えてアクセントにもなります。

 


SERVICE

木材販売のお問合せ


杉、ヒノキの国産材からウォールナットなど広葉樹まで、無垢の天板、DIYの材料など相談できます。

設計を依頼されない方でも木材のご相談を賜っています。

家具の材料、特にテーブルの天板などを選びに行くこともあります。

また、DIY用の木材の相談も可能です。

お気軽にご相談ください。

 


問合先

WASH建築設計室

〒565-0821

大阪府吹田市山田東4-41

代表TEL:06-4980-4224

業務範囲

大阪、兵庫、滋賀、奈良、京都、和歌山の関西圏を中心にしています。

全国対応可能ですのでご相談ください。