既存建物調査の重要性

耐震基準が改正された1981年以前に建てられた木造住宅の中には耐震性能が不十分な建物が多くあります。そういった建物では家族の安全や財産を守ることが十分に期待できません。

 

また建物の断熱性能・劣化状況・劣化対策・設備や配管の状況、バリアフリー性能、防耐火性能など、快適で安心な生活をするために必要と考えられる項目も建物によって大きく異なります。

 

中古物件の購入をする時、また建物の改修(リフォーム・リノベーション)を行う場合、まず大切になるのは現状の建物の状態の把握です。現状の建物がどのくらいの性能があるのか、希望の性能にするにはどのくらいの工事が必要なのかがわからないと行動に移せないためです。

そのためには、建物の調査が欠かせません。

 

調査の種類

建物の調査といっても目的や費用によって様々なものがあります。

私たちの事務所では主に

 

・住宅医による既存住宅ドック(建物の詳細調査)

・耐震診断(精密診断法)

 

を中心に行っています。

またご希望・状況に合わせてその他の調査も行っています。

 

住宅医による既存住宅ドック

調査項目:

・劣化状況

・劣化対策性能

・耐震性能

・温熱、省エネルギー性能

・維持管理性能

・バリアフリー性能

・火災時の安全性

・各種現況図面の作成

調査規模:約10人前後で一日

調査費用:30万円〜

報告書作成期間:約1ヶ月


 

既存住宅ドックは、簡単に言うと人間ドックの既存住宅版です。

大規模リフォームをしようとする建物におすすめしている調査になります。

住宅医とは、建築士の資格を所持した一般社団法人住宅医協会の認定住宅医です。

 

大規模リフォームをする場合、新築と同様の性能を持たせたせるためには耐震性能以外にも温熱環境や維持管理のし易さも向上させていく必要があります。その時に、その項目の現状を把握しておくことで工事中に予想外の問題が起こりにくくしたり、性能が向上しないなどのトラブルを防ぐことができます。

耐震診断(精密診断法)

調査項目:

・劣化状況

・耐震性能

調査規模:数人で半日程度

調査費用:5万円〜

報告書作成期間:約1週間


 

一般社団法人建築防災協会の耐震診断です。建物の耐震性能を計算します。

耐震診断のために劣化状況を確認するため現況調査も兼ねて行っています。

床下、小屋裏には原則侵入し、金物や構造体の確認も行います。

その他の調査

調査項目:適宜

調査規模:状況に応じる

調査費用:要相談

報告書作成期間:約1週間


 

中古物件購入前の現況調査や雨漏りの原因調査、

シロアリの相談など限定的な調査も行っています。まずはご相談ください。