木塀基礎と床合板張り【旭区古民家改修工事】

 

外部の⽊塀の基礎にコンクリートが打設されました。

 

地面と木塀が近い方が現状の雰囲気が残せますが、水ハケの問題が発生してしまいます。

そのため地⾯と⽊塀が近くなりすぎないよう調節し、⽔の逃げ道を考えて基礎天端の勾配を考えます。

 

 

現場では床の⼤引の上に構造⽤合板が張られています。

 

現在は仮置きの状態で、これから電気配線や配管⼯事、パッシブ冷暖の⼯事をしてから完全に固定していきます。

合板は厚みが24mmの厚いもので、しっかりした床下地になります。

 

問合先

WASH建築設計室

〒565-0821

大阪府吹田市山田東4-41

代表TEL:06-4980-4224

業務範囲

大阪、兵庫、滋賀、奈良、京都、和歌山の関西圏を中心にしています。

全国対応可能ですのでご相談ください。