設計事例

湖底の家 2017

滋賀県大津市の新築住宅。西側の接道面以外の3面が総二階建ての隣家が近接した敷地で日光が入りにくい条件が特徴的でした。

そんな中、日射を取得するために二階に大きな窓を設け、吹き抜けを介して一階の家族が集まる空間に光が落ちる計画にしました。日中は照明をつけているかのように明るくすることができました。

構造材には琵琶湖産材を使っています。また床材、家具材も国産の無垢材を使い心地のいい空間になりました。


あきない×住まい 2016年

大阪府吹田市のマンションのリノベーション。

一階が路面店舗で二階が住宅という店舗併用住宅です。一階では設計事務所が営まれますので二階はマンションリノベーションのモデルとしても活用が期待されます。

二階の住宅についてはモデルルームとしての役割を持ちつつ、家族4人が暮らせる間取りを目指しました。


東大阪市の家 2018

 東大阪の新築住宅。家族で同じ時間を同じ空間で過ごすことができるように、リビング、ダイニング、小上がり、読書スペース、階段、水廻。一階二階を繋げて大きな空間になりました。一体で暖房ができるように断熱性能を高くしたり、一階の天井高さを抑えて一、二階の繋がりに配慮しました。

構造材は吉野の杉を使い、Jパネルなどの国産材を採用し、木の香る心地いい空間になりました。


福崎のログハウス改装 2018

使わなくなった二つの子供部屋を一つの大きなゲストルームとして改装しました。

奈良県吉野の国産材の杉でロフトを組んで大人数の寝泊まりができるようにしています。また内装は国産のくるみの板を床・壁に使い、木のぬくもりを感じる空間になりました。

また外壁に面する壁は断熱材を新たに重点し、窓も断熱補強をしています。

 

詳しくはこちら


違い枡のいえ 2018

大阪府箕面市の住宅改修。

住まい手より友人の工務店で施工がしたいという希望があり、遠く長野県から黒岩工務店が大阪に住み込んで工事を行いました。黒岩工務店の職人ならではのアレンジが加わり、和の色が強く出た木の空間にすることができました。

建物は増築として確認申請を出しています。また既存部分は性能向上リフォームを行うことで長期優良住宅化リフォームを採択しています。

 

詳しくはこちら


明石のいえ 2018

兵庫県明石市の戸建て住宅の全面改修。

一度建物を構造躯体のみのスケルトン状態に解体し、新築同様の耐震性能と断熱性能の住宅に再生します。

小高い丘に建つこの建物からは明石海峡大橋、またその向こうの淡路島を一望できます。その見せ方、生活のシーンごとでの景色の取り入れ方を考えて設計をしました。

 

詳しくはこちら