木製材料

Jパネルは国産の間伐材を有効に活用した

構造用面材です。日本の山の間伐材を活かすという意味でも、積極的に採用しています。

構造用の建材でありながら無垢材の風合いを備えていて意匠的にも温かみのある建材です。

フローリングには無垢の木材を使います。汚れやすい、傷つきやすいというイメージもありますが、丁寧に使えば長持ちします。

無垢の厚みからにじむ暖かさを足から感じることができ、心地いい足触りが魅力的です。


幅はぎパネルとは、板材を何枚か並べてはぎ合わせてできたパネルの材料です。

一枚板とは違い、材料が狂いにくかったり、大判の材料を気軽に使うことができます。

なので家具材として、階段材として、様々なところで活躍します。

フローリングも本実板ですが、壁や天井にも使います。壁や天井を木の仕上げにしたいときに使う事になります。床で使う時よりも薄い材料を使うことができます。

杉、ヒノキはもちろん広葉樹のクルミや栗など、多様な種類から選定します。


一枚板の木材は主にテーブルや玄関の上り框などに使います。単純にその大きさから木材の培ってきた歴史や製材の工程が思い起こされてとても迫力があります。

一枚板は必然的に厚みがある材料になりますので、重厚感のある立派な仕上がりになります。

柱や造作材は杉やヒノキを使うことが多いですが、部分的に広葉樹を使います。

 


木材の特殊加工

近くの山の木を使うことを心がけます。

名栗加工を使うことがあります。

意匠的にアクセントとして使うことや、敷台や階段など足の触れるところに使うことでその触り心地を楽しむこともできます。

 

漆を塗った仕上げをお勧めしています。

壁や床に使うこともできますし、柱や枠材など部分的に塗ることもあります。


建材

近くの山の木を使うことを心がけます。

葦ベニヤは葦が貼り付けられたベニヤ板で、天井の仕上げによく使います。

琵琶湖周辺で取れる葦を使っていて、流れのあるしなやかな仕上がりが目を引きます。

左官仕上げの中でも少し珍しい中塗り仕上げがオススメです。土のままの仕上がりになるので素朴で落ちつた雰囲気になります。

DIYでぬれることもオススメですし、気が向いたらその上に漆喰などの仕上げができるのも気に入っています。


近くの山の木を使うことを心がけます。

和紙は木の空間によく合います。

深い紺色の阿波の藍染め和紙や、柿渋を染み込ませた柿渋和紙などを使います。

石材は御影石や大理石などの天然石をよく使います。土間空間にも使えますし、大理石は台所の床などにも使えます。御影石は浴室の壁に使うことが多いです。


近くの山の木を使うことを心がけます。

コルクタイルを床に使います。

台所や脱衣室など、水がよく飛ぶところに使います。掃除がしやすいです。

また、足触りが石やタイルに比べると冷たくないのが人気です。


近くの山の木を使うことを心がけます。

構造材をあらわしにする真壁造りの家では構造用金物の選定が重要です。

金物の大半が部材の中に隠れ、見える部分もシンプルにデザインされたDボルトを採用しています。見た目だけでなく、構造的にも合理的な金物です。

トイレの手洗いボールには奈良県の陶芸作家、糸井泰博氏が製作するITOIボールを採用することが多いです。

これは杉の灰を使って緑色を出したもので、工業製品とは違う自然な色合いが木の家に馴染みます。