WASH建築設計室の既存住宅リフォーム

本質改善の住宅リフォームのすすめ

キッチンやお風呂を入れ替える、壁紙を張り替える、床をフローリングにするといった「部品交換型」の住宅リフォームに留まらず、耐震性、明るさ、風通し、温かさ、涼しさ、暮らしの機能性、劣化への強さなどの“住まいの質”を向上させ、暮らしを豊かで快適にする「本質改善型」の住宅リフォームをお勧めしています。水廻の交換の時期にあわせて、もう少し手をかけて本質改善型のフルリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。

 

既存住宅のリフォームの意義

建物を建て替えずに改修して住み継ぐことは、住宅を長寿命化し、建設エネルギーを減らすことができるなど社会的な意義があります。

ただ住み慣れた家に生活ができる、思い入れのある家を残すことができるなど個人単位でもたくさんの利点が考えられます。

また現在では手に入らないような構造材や素材が使われている事が多くあります。そして、その地域ならではの風景が継承されます。

 

断熱改修・気密性能向上工事

「古い家だから寒いのはしょうがない」とあきらめていませんか?

どんなに古い住宅でも、きちんとした計画をして工事を行えば、温熱性能を向上させて、暖かくエアコンの効きやすい快適な住まいにすることは可能です。隙間風や、床が冷たくて困っている方は是非ご相談下さい。

 

温熱環境と快適性

温熱環境と健康

 

耐震補強

建物の耐震性は、建物の状況に応じて補強を行うことをが必要です。

耐震の基準が現在のものと違う時代に建てられた建物はどうしても耐震診断の結果として耐震性能が不足しています。

大切な家族と建物、資産を守るためにも耐震補強は急務と考えられます。

既存の建物を残したままでも補強をすることは十分出来ます。下の写真のように現在の新築同様のべた基礎を打つことも可能です。

予算との兼ね合いを見ながら最適な提案を心がけます。

 

国産材の木を使った住宅リフォーム

私たちの提案する住宅リフォームは国産材の木を使います。

理由はいくつかありますが、一番大きいのは手に触れる部分には本物の素材を使いたいという事です。

過去の工事で内装材が無機質なものになってしまっていても、それを木にすることで暖かな空間にすることができます。

触れた時に冷たくなく、帰ってくると木の匂いがする豊かな空間を提案できればと考えています。

もちろん、今もきれいに残っている仕上げは美装だけして残すこともできますし、土壁などは塗り直しできれいに生まれ変わります。

 

日本の山の現状

国産材で家を建てる意義

国産材の価格

国産材の品質管理

 

こだわりの手作り家具

家具については既製品ばかりを使うのではなく、部品を工場に直接注文し、大工さんが造るオリジナルの家具を提案しています。

限られた空間を有効に使い、住まい手の細かなご要望に対応したベストな構成で家具を造ることができるからです。

 

またハーフユニットバスを使ったヒノキのお風呂など、こだわりを

詰め込んだご希望にもご対応・ご相談を行っております。

 

人の手でできた家

設備について

造作家具について

 

 

調査診断に基づいた住宅リフォーム

住宅リフォームのために大切なのはその前の調査・診断です。

調査をせずに工事を行うのは、人間で例えると検査もせずに手術を始めるようなものです。

一般社団法人住宅医協会が実施する「既存住宅ドック」に基づき、調査診断をした上での計画をします。

また取っ掛かりとして耐震診断やインスペクションも行うことが可能です。

 

建物の調査について

調査の実例

 

 

お問合せはこちら