耐震診断とは

 耐震診断(たいしん しんだん)とは、既存の建築物の構造的強度を調べ、想定される地震に対する安全性(耐震性)、受ける被害の程度を判断するものです。

地震による破砕・倒壊を未然に防ぐため、その恐れの有無を把握することができます。

 

耐震補強の設計をするためにも、既存の建物の状況の把握はとても重要になります。

  

作成する計算書・報告書は、財団法人日本建築防災協会が発行する「2012年改訂版木造住宅の耐震診断と補強方法」(2012年初版第1刷発行版)に準じています。(国土交通省住宅局建築指導課監修)

私たちの行う耐震診断の特徴

床下・小屋裏の確認をします

室内の目視だけで調査をするのではなく、床下・小屋裏にも入って調査を行います。耐震診断に必要な耐震要素の確認だけでなく、雨漏りや部材の腐れなど劣化状況の確認も行います。

わかりやすい報告書を作成します

耐震診断の計算書に加え、その内容をわかりやすいように報告書も作成し、お付けしています。写真で見ることで、よりお住いの状態がわかると思います。


耐震診断の費用の目安と進め方

 耐震診断は、建物の規模や図面の有無によって金額が変わります。

一般的には5万円〜になります。

また、吹田市の千里から距離が遠くなる場合は別途交通費をいただくことがあります。

 

○お問い合わせ

お問い合わせフォームから状況や建物の情報をお送りください。

こちらから、改めてご連絡を入れさせていただきます。

 

○見積書の送付

いただきましたお問い合わせに応じて、メールにていくつかやり取りをさせていただきます。

状況・建物の情報を整理し、見積書を作成させていただきます。

費用の目安:ここまで無償

○耐震診断の日程の調整

作成した見積もりの内容で調査をすることを決めていただけましたら、

耐震診断の調査の日程を調整します。

費用の目安:調査費の50%

○耐震診断の調査

お宅に訪問させていただき、約半日をかけて建物の調査を行います。

その場で簡易的な速報をお伝えさせていただきます。

 

○報告書作成期間

耐震診断の調査の情報を整理し、計算書・報告書を作成します。

約1週間程度の期間をいただきます。

 

○報告書送付

報告書をデータにてお送りさせていただきます。

ご希望があれば印刷して郵送でお送りすることも可能です(別途費用)

これで耐震診断の業務は完了となります。

費用の目安:調査費の50%

 ○ご報告

ご希望があれば、お宅に訪問し、報告内容を直接説明させていただきます(別途費用)

吹田市・関西圏の耐震診断ならWASH建築設計室に

耐震診断員として登録している吹田市では耐震診断の補助金があります。

また、その他の自治体でも可能であれば補助金の対応をさせていただきます。