DIY

作業台の馬の改造
塗装などの作業で重宝する作業馬を作りました。非常勤講師で勤めている大阪工業技術専門学校、OCTの大工技能学科の授業で作成された馬をもらってきて、事務所に保管しやすいように、また塗装作業で汚れにくいように改造しました。

グリーンウッドワークの体験
大阪府豊能郡能勢町にあるケヤキ資料館で、グリーンウッドワーク(GWW)のイベントに参加してきました。 グリーンウッドワークとは森から伐採したばかりの乾燥していない木を、伝統的な手工具を使い、割ったり削ったりしながら小物や家具をつくるものづくりをいいます。 私は大学時代から存在は知っていて、いつかはじめようはじめようとずっと思っていたのですが、なかなか日程があわず、今回偶然タイミングよく開催を知ってようやく参加ができました。

千里丘のいえ-塗装編
本日はベランダ屋根組の塗装をしました。 常に外気に触れており、また年数が経っているため場所によって見た目が変わっています。

障子の紙を剥がす【DIY】
事務所のモデルルームとして使っている住まいの障子紙がだいぶ破れてきました。住まい手さんが見学に来る予定が入ったので、その前に障子を貼り替えることにしました。 数年前、自分でDIYで造った障子の紙の貼り替えの前に、初めて障子紙を剥がす作業をしてみました。

断熱材 搬入
千里丘のいえに使用する断熱材が届きました。 今回は「パーフェクトバリア」という断熱材を使用します。 パーフェクトバリアはリサイクルペット樹脂から作られており、粉塵が飛散しにくく赤ちゃんなどにも安心な素材です。

アラウンドビオトープのリフォーム
アラウンドカフェの前に置いているビオトープ。前回手を入れてから時間がたってきたのでリフォームをしました。今回の目的は前を通る小学生や子供たちの目を引くように今までよりも目立つようにすることです。

長屋リノベーション~解体編~最終日のスタートです。 今日はスタッフの杉村に作業してもらいました。 床を剥がしていきました。 板張りなので、垂直に丸鋸を入れて一枚一枚サイズを合わせ、剥がせるようにしました。 切り終え、剥がし、何枚もそろえておいて、あとからひもで結ぶと作業効率が上がりやりやすかったです。 今回、土間打ちを行うため、地面に落ちている廃材を回収して土嚢袋に入れ、凹凸の多い地面を均してきれいに綺麗にしました。 最初に解体を始めた時と全く違う雰囲気になっていて驚きました。 壁などがなく、天井まで高いのでとても広く感じることができます。 解体最終日お疲れさまでした。 次回は~土間打ち~です。 杉村

千里丘のいえ#5~解体5日目~
長屋リノベーション~解体編~5日目のスタートです。 今日はスタッフの杉村とインターンのK君に作業してもらいました。 前回までの作業で廃材がたくさん出たので、運び出して捨てに行く作業をしました。 軽トラパンパンに積み、2回に分けて捨てに行きましたが全ては捨てきれませんでした。 現場に廃材を溜める際は、長さを揃えひとまとめにして、定期的に捨てに行くことが作業の効率化に繋がると思いました。 次からは、掃除などを作業の合間に行うようにしていきます。

千里丘のいえ#4~解体4日目~
長屋リノベーション~解体編~4日目のスタートです。 今日はスタッフの杉村と奥山君に作業してもらいました。 押入の土壁を落としました。 中に小舞が入っていて落としにくいですが、丸鋸などを使い切断すると、簡単に落とすことができます。 落とした後はハンマーを使用して、土と小舞に分けることができます。 2階の床も落としました。 上に登って、丸鋸で細かく切りながら落としていきました。 何もなくなるととてもすっきりしました。

半坪ハウスを薪小屋に!【ワークショップ】
大阪工業技術専門学校(OCT)の実習で造られる半坪ハウスを寄贈してもらい、薪小屋・外部収納に改造してきました。超実践型のワークショップです。

さらに表示する