設計業務

大阪府池田市の楓の家。この度10年メンテナンスに行ってきました。 この物件は私がMSD(三澤文子さん主宰)に所属していたときに関わらせてもらっていた物件で、メンテナンスはWASH建築設計室として独立してからも頻繁に行なわせてもらっている物件になります。 今後も引き続きお力に、末長くお付き合いできれば幸いです。 ほっこりとした気持ちになった10年メンテナンスとなりました。

大阪市大宮の長屋【現地確認】
大阪市大宮で古い長屋の改修の相談です。 現在2戸空きが出ていて、そこの改修をメインで想定しているとのことです。 長屋は建物がつながっていますので、部分的に改修をする時でも全体のことを頭に入れることが大切です。 とりあえず、大阪市の補助金を活用して現状の調査をするのがいいのではないかと考えています。 そこから、どこをどのくらい直す必要があるのかわかってきます。 事業物件ということで、予算の利回りのこともありますので的確なお金の掛け方が大切です。 何にしてもとても楽しみな仕事であります。 いい仕事にできるよう、まずは下調べを進めます。

建具と畳を取り外しました【旭区古民家改修工事】
解体工事の準備が進む旭区の古民家ですが、今回は岡本建具さんの建具引取に立ち会いました。

奈良県明日香村【詳細調査の相談】
奈良県の明日香村で詳細調査の相談です。 築年数不詳、200年以上の由緒正しい物件だそうですが、今後の活用を見据えて建物の調査を行います。 構造的な部分と、劣化の状況確認がメインです。

解体工事に向けて【旭区古民家改修工事】
旭区古民家改修工事の現場では、清祓式を終え、解体工事に向けて着々を準備を行っています。

解体工事が始まりました【旭区古民家改修工事】
旭区古民家改修工事では、ついに解体工事が始まりました。

清祓式【旭区古民家改修工事】
8月18日に旭区古民家改修工事の清祓式を行いました。 この日は住まい手ご夫妻と(株)山本博工務店さんとWASH建築設計室の三者が集まり、工事の安全を祈願しました。

ゆらめきガラス
改修工事を行うことになったお屋敷には、大きくて立派なゆらめきガラスの建具がたくさん使われています。 大きなものは幅が1.3Mほどもあり、桟がなくとてもカッコ良いです。 再利用できないかと旅館の改修をされてる建具屋さんなどにも相談しましたが、年月を経てガラスがもろくなってしまっているため加工することは不可能という結論でとても残念です。

カラ松フローリングが届きました
カラ松のフローリングが届きました。内地カラ松の赤身、上古無地のフローリングが届きました。厚みは15mmで、幅は120mmですのでやや広めです。特に何に使うかは決めていませんが、安めで売りに出ていたのである分だけ買っておきました。最近はカラ松も減っているみたいなので、どこで使うか楽しみにして考えたいと思います。

千里山のいえ 戸袋の板張り
千里山で進んでいる改修工事ですが、屋根の葺き替え、外壁の塗装が完了しています。最後に既存の塗壁の戸袋の上に板壁を張り、外観を少し木質化する工事を行いました。戸袋が木になるだけでだいぶ雰囲気が変わりました。

さらに表示する