令和元年、東京に続いて大阪でも住宅医スクールが始まりました。 今年度は私もスタッフとして一年間参加します。住宅医スクールも今年は10周年のメモリアルイヤーです。今年もたくさんの人と出会い、たくさんの知識を勉強できたらと思います。
事務所の看板とカフェの看板、それぞれ提示したい内容が増えてきました。看板をその度に造っておいていましたが煩雑になってきたのでこの機会に新しく造りなおしました。
広島県庄原市で進んでいる物件の外部の木部塗装に行ってきました。今回は外壁は既存の真壁のままになりますので構造体が見えたままになります。構造体が紫外線でだいぶ傷んでいますので、新たにオイル塗装をしてきました。
非常勤講師として勤務している大阪工業技術専門学校、OCTの研修旅行の二日目は飛騨高山にいきました。その中でもメインは国指定重要文化財の吉島家です。
非常勤講師として勤務している大阪工業技術専門学校の研修旅行で飛騨高山の方に行ってきました。 1日目は白川郷、また飛騨吉川の飛騨の匠文化館にいきました。
広島県庄原市で計画をしている物件の現場監理が始まりました。季節は春になり、山には色とりどりの花が咲いていますが山あいにある現場はまだまだ寒かったです。現場では改修にあたり解体の作業が始められていました。
昨年度から非常勤講師として勤務している大阪工業技術専門学校、OCTでの授業が今年度も始まりました。今年からは一年生、二年生と担当が増えたのと、大工技能実習に加えて製図の授業も教えることになりました。
京都府山科区の新築の住宅の工事の完了検査に立ち会ってきました。 建物の仕上げの確認や防火設備の検査を行いました。完了検査が終わっていよいよ完成が近づきます。
広島県尾道市の、しまなみ街道の途中の島で建物の調査に参加してきました。今回の調査は建物の構造体の組まれ方に特化した調査です。 とても大きな建物でしたが、約10名の調査員で二日にかけてどうにか終えることができました。

さらに表示する