非常勤講師として勤めている大阪工業技術専門学校OCTの大工技能学科の卒業制作の2019年度の展示がありました。 今年も学生による力作がたくさんできあがりました。 作品はたくさんあるので二回に分けて紹介します。

大阪市平野区で進んでいる古民家の高性能リフォーム工事。外部廻りの建具の枠工事が進んでいます。 この日は建具屋さんに変わって、外部の建具の大きさを採寸にきました。

大阪府東大阪市の大蓮で、DIYでの住宅リフォーム工事が進んでいます。簡易的な内装工事のみですが、自然素材を使った空間になるよう楽しく作業を行います。

広島県庄原市で工事が進んでいるこざこ森。工事も終盤に差し掛かったころ、現場監理を兼ねて外壁の塗装をしてきました。既存の板が紫外線で痛んでいましたが、塗料を塗り直すことでグッと締りました。

前の事務所の時に担当していた滋賀県大津市の”琵琶湖の見える家”の5年メンテナンスに行ってきました。 工事を担当した同じく大津市の坂田工務店の監督、また前の事務所のエムズ建築設計事務所からもスタッフが1名きてくれました。

大阪市にある築百年の住宅の改修工事も順調に進んでいます。先日設計メンバーで塗装をした天井板が張付けられていました。2階部にも床ができて部屋らしくなってきました。

大阪市淀川区、三国駅近くにあるプラネットジャパンに伺い見学をしてまいりました。木部に塗る塗料と、室内用の漆喰を販売されている会社です。現在東大阪の方で進めている現場の仕上げを検討するためにきました。

池田の家の天窓増設工事が完了しました。昨年子供部屋を改装してサブリビングとしたお部屋の明るさを確保するため、天窓をつけることになりました。とても明るい空間になり、住まい手さんにも喜んでいただけました。

非常勤講師として教えている大阪工業技術専門学校。 今年度の授業が終わりました。 二年生は、桁の隅の隅付けに加工に始まり、棟上げ実習、卒業制作を経て最後は大工技能検定二級の取得を目指した踏み台の作成な主な内容です。 最期の授業はその大工技能検定二級の踏み台の作成の授業です。 時間を測りながら本番と同じ条件でどこまでできるようになっているのか、模擬テストの位置付けです。 作業の様子を順を追って解説します。 大工技能学科に興味がある方、ぜひ見てみてください。

一般社団法人住宅医協会が開催している住宅医スクール。 大阪と東京で開催されていますが、私は大阪スクールに今年度参加していました。 今年度の最終講義が終わりました。住まいの医者を目指し、リフォームに特化した団体です。 住宅医スクールはそのための勉強会になります。

さらに表示する