ワークショップのご案内【土塗りWS】
千里丘の長屋で土塗り壁のワークショップを開催します。 左官技能士の方に現場にきていただき、直接指導していただけます。 今回は土壁の中塗りをそのまま仕上げにする”中塗り仕上げ”を採用します。 みじかな土という素材を建材として使う技術をぜひ体感してください。 どちらか1日の参加も可能です。

ワークショップのご案内【木工事】
千里丘の長屋の解体作業が終わりました。 ここから本格的に木工事を始めます。 序盤は界壁の補強・ロフトの床を中心とした構造体の工事。 中盤は間仕切り壁や枠などの造作工事 終盤は家具などの造作を行う予定です。 また、電気設備などの設備工事も専門家に協力してもらいながら行います。 国産の無垢材を使った工事では実際に木の重さ・柔らかさ・匂いを感じながら素材の本質を理解することができます。現在のスケルトンの状態から実際の住まいになるまでの行程をぜひ体感してみてください。 木工事の期間中は随時ワークショップ参加者を募集します。 希望者がいれば土曜日や他の曜日の開催も検討可能です。

長屋リノベーション~解体編~最終日のスタートです。 今日はスタッフの杉村に作業してもらいました。 床を剥がしていきました。 板張りなので、垂直に丸鋸を入れて一枚一枚サイズを合わせ、剥がせるようにしました。 切り終え、剥がし、何枚もそろえておいて、あとからひもで結ぶと作業効率が上がりやりやすかったです。 今回、土間打ちを行うため、地面に落ちている廃材を回収して土嚢袋に入れ、凹凸の多い地面を均してきれいに綺麗にしました。 最初に解体を始めた時と全く違う雰囲気になっていて驚きました。 壁などがなく、天井まで高いのでとても広く感じることができます。 解体最終日お疲れさまでした。 次回は~土間打ち~です。 杉村

千里丘のいえ#5~解体5日目~
長屋リノベーション~解体編~5日目のスタートです。 今日はスタッフの杉村とインターンのK君に作業してもらいました。 前回までの作業で廃材がたくさん出たので、運び出して捨てに行く作業をしました。 軽トラパンパンに積み、2回に分けて捨てに行きましたが全ては捨てきれませんでした。 現場に廃材を溜める際は、長さを揃えひとまとめにして、定期的に捨てに行くことが作業の効率化に繋がると思いました。 次からは、掃除などを作業の合間に行うようにしていきます。

京都市南丹市の計画模型【設計業務】
京都府南丹市で計画中の物件の提案模型が出来上がりました。既存の建物を一棟残し、それに対して増築を行う計画です。既存の建物との関係性、また古い町並みに溶け込むプロポーションを求めて模型で検討してみました。

千里丘のいえ#4~解体4日目~
長屋リノベーション~解体編~4日目のスタートです。 今日はスタッフの杉村と奥山君に作業してもらいました。 押入の土壁を落としました。 中に小舞が入っていて落としにくいですが、丸鋸などを使い切断すると、簡単に落とすことができます。 落とした後はハンマーを使用して、土と小舞に分けることができます。 2階の床も落としました。 上に登って、丸鋸で細かく切りながら落としていきました。 何もなくなるととてもすっきりしました。

タコライス完成しました!
以前よりアラウンドカフェのメニューに追加したくて試行錯誤していた「タコライス」。 タコミートを鶏肉で作ったこともありましたが、 やはりタコス感に欠けるので牛豚の合挽にしました。 ドライカレーにも使っているカルダモンで肉臭さは解消されました。 とろーりチーズとサルサソースとタコミートのバランスもよく、野菜もたっぷりで美味しくできました。 辛さは控えめで、お子様にも食べて頂けると思います。 お好みでマヨネーズをトッピングできます。 夏に向けて定期的にご用意いたします。 ぜひ1度ご賞味ください。

大阪市阿倍野区で用途変更の申請をしていたマンションの工事が完了しました。 この日は消防の検査です。使用開始届と、消防設備の設置届の確認になります。 消防法で指定されている消化器に加え、火災報知器や非常灯の確認を行いました。 消化器は普段の業務だとあまり詳しく扱うことはないのですが、事細かに分類があることに驚きました。 また表示板もどれでもいいわけではなく、指定があることが新鮮でした。 これにてこのマンションの用途変更の申請業務はひと段落、無事に完遂できて良かったです。

茨木市車作 古民家の下見【調査診断】
大阪府茨木市の車作に古民家の調査の相談の依頼を受けて行ってきました。 車作というとあまり馴染みがないですが、WAS H建築設計室の事務所から車で23分ととても近くになります。 彩都西を通り抜けるのですが、あっという間に田舎の落ち着いた町並みに出ることができます。 この日は調査をする場合の調査図面を作れる程度の採寸などを行いました。 これから見積書を作って、調査をするかどうか決めていくことになります。

半坪ハウスを薪小屋に!【ワークショップ】
大阪工業技術専門学校(OCT)の実習で造られる半坪ハウスを寄贈してもらい、薪小屋・外部収納に改造してきました。超実践型のワークショップです。

さらに表示する