池田の家の天窓増設工事が完了しました。昨年子供部屋を改装してサブリビングとしたお部屋の明るさを確保するため、天窓をつけることになりました。とても明るい空間になり、住まい手さんにも喜んでいただけました。

非常勤講師として教えている大阪工業技術専門学校。 今年度の授業が終わりました。 二年生は、桁の隅の隅付けに加工に始まり、棟上げ実習、卒業制作を経て最後は大工技能検定二級の取得を目指した踏み台の作成な主な内容です。 最期の授業はその大工技能検定二級の踏み台の作成の授業です。 時間を測りながら本番と同じ条件でどこまでできるようになっているのか、模擬テストの位置付けです。 作業の様子を順を追って解説します。 大工技能学科に興味がある方、ぜひ見てみてください。

一般社団法人住宅医協会が開催している住宅医スクール。 大阪と東京で開催されていますが、私は大阪スクールに今年度参加していました。 今年度の最終講義が終わりました。住まいの医者を目指し、リフォームに特化した団体です。 住宅医スクールはそのための勉強会になります。

広島県庄原市に少しメンテナンスの作業をしに行きました。 問題が起こったのは年末です。造作の洗面台の脚の杉が黒ずんできているという報告がありました。 普段同じような納まりにしていてもこんなことは起こりませんでしたが、一つ考えられるのはここが井戸水を使っているということ。また水質がアルカリが強いということがあり、それが杉と反応して黒くなっているのではないかと考えられました。

池田の家の住まい手さんから連絡がありました。「実は、玄関先の植木が何回植えても枯れてしまう。土を掘ってみたら、とても浅い位置にコンクリート?のような硬いものがあり、根がはれていないのでは。。。」竣工して8年になりますが、実はすでに2〜3本枯れてしまっているとのこと。とりあえずそのコンクリートを撤去するために行ってきました。

関西大学の学生街の路地の奥に、ひっそりと建つ集合住宅です。 都市の中の森をイメージして計画をしました。

【古民家をホテルに】 広島県庄原市にある上谷町は仙人が住んでいたという伝説もある霧深い地。 棚田の中に浮かぶように建てられた築100年の古民家を 宿泊施設にリノベーションしました。

先日視察に行った陶芸教室の作品が吹田市の事務所に届きました。早速、アラウンドカフェでカレーを盛って食べてみました。自分たちで作ったお皿で食べるカレーはいつもよりも美味しく感じました。

WASH建築設計室は最近よく模型を作っています。簡単なものですが紹介させてもらいます。

広島県庄原市で設計監理をしているこざこ森。庄原の古民家旅館の第三弾です。 現場は冬が近づいてきてとても寒いです。冬になると大雪が降るとか。。。 そんな中、現場は作業が着々と進められています。

さらに表示する